ボリンジャーバンドと相性のいいロウソク足

ボリンジャーバンドと相性のいいロウソク足





ローソク足は、ボリンジャー氏も高く評価し、

利用しておるそうじゃ。





ローソク足は値勤きの変化を視覚化したもので



 ローソク足は、以下の4つの値段(4本値)で構成されている。

1、始値(取引が始まった時の値段。寄付)、

2、高値(取引中で一番高い値段)、

3、安値(取引中で一番安い値段)、

4終値(取引が終わった侍の値段,

は始値よりも終値が安いことを示し

ている。

 





 このローソク足、ただ値動きを視覚化しただけだけじゃが、

これだけでも相場のトレンドを客観的に判断できるのじゃ。







終値が始値よりも高いときは、陽線という白い棒線

終値が始値よりも安いときは、陰線という黒い棒線。



「ひげ」は、高値と安値を表し、

上に突き出ている線は「上ひげ

下に突き出ている線は「下ひげ




さらにローソク足にはデータを取る期間によって、いくつもの種類がある。

1日の値動きを表示したものを日足

I週間の値動きを表示する週足、これ以外にも1分足、5分足、

月足、年足
などがある。







チャートを見れば、株価の動きが一目瞭然じゃ。






ロウソク足やボリンジャーバンドを使ったテクニカル分析は

将来の株価や為替を予測するために有効に機能するのだよ。