ボリンジャーバンドと相性のよいストキャスティックス

ボリンジャーバンドと相性のよいストキャスティックス


 ストキャスティックスもオシレーター系指標の代表格で、

二つのラインを駆使して売買の度合いを判断します。



ストキャスティクスは基本的に%Kラインと%Dラインで構成されます。



基本的には、%Dが30%以下の時は「売られ過ぎ」

70%以上の時は「買われ過ぎ」を示します。

さらに、



さらに、%Kが%Dを下から上に突き抜けた場合は買いのシグナル、

逆に、%Kが%Dを上から下に突き抜けた場合は売りシグナルと予測できます。





 もう1つ、%Dラインを活用したダイーバージェンス(逆行現象)

トレンドの反転を予測するのに有効です。



よくみられるのが安値圏、高値圏です。

例えば、高値圏の場合、チャートをよく見ると、価格は上昇している が、

%Dラインが下降しているなどということがあります。



安値圏では、チャートの価格が下落しているが、

%Dラインが上昇しているなどということがあります。


それぞれのチャートの方向が逆行している現象で、

これをダイバージェンス (逆行現象)と呼びます。



ボリンジャー氏もダイバージェンスを参考にするそうです。